広告

「東寺 夜景ライトアップで幻想的な仏像写真を撮影」

広告
広告

仕事帰りに東寺を訪れたところ、夜間拝観料が1000円にもかかわらず、
多くの人で賑わっていました。

夜のライトアップされた東寺は幻想的で、見応えがありました。

人が多いのはちょっと残念でしたが、
それでも、訪れる価値はあると思います。

東寺

京都市南部に位置する真言宗御室派の寺院で、
日本の仏教界において非常に重要な存在です。

平安時代に僧侶・空海(くうかい)によって創建され、
その後、多くの伽藍や仏像、絵画、書跡などが造られました。
特に、東寺金堂は、国宝に指定されている重要な建造物であり、
世界遺産にも登録されています。

真言宗の総本山であり、真言宗の教えや修行方法などが伝えられています。
また、国内外から多くの信仰者や観光客が訪れるスポットでもあり、
年間を通じて多くのイベントや行事が開催されています。

訪れた際には、金堂や五重塔などの建築物や、
如意輪観音像などの仏像などを見学することができます。
また、東寺には境内に広がる美しい庭園もあり、
季節によって様々な花や植物が楽しめます。

東寺 – 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺
真言宗総本山東寺〔教王護国寺〕の公式サイトです。境内・歴史の紹介、特別公開のお知らせ。法要や拝観のご案内。

場所

東寺への最寄り駅は、近鉄東寺駅ですが、
京都方面から行く場合には、近鉄に乗り換えるよりも
京都駅から歩いたほうが便利です。

JR京都駅から東寺までの距離は約2.5キロメートルで、
徒歩で約30分程度かかりました。

東寺へのアクセス方法には、自動車やバス、自転車などもありますが、
乗り換えなどの時間を考えると、徒歩ルートが良いかと思います。

ギャラリー

画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

フォトスポット アーカイブ - WACO Blog
琵琶湖周辺をメインに、フォトスポットを紹介します。たまには、都会も。

コメント

タイトルとURLをコピーしました